2006年03月24日

一円・野島伸司


一番最初のバージョンです、一番古い高校教師ね

もうね この本のアマゾンはめちゃくちゃわかりずらい

全部タイトル「高校教師」だし

この本だけなんのレビューもねぇし


野島伸司の文体ってのは

やっぱ 脚本を主体にしてあるので

文章表現よりは物語を という

ミステリーに近い感じ

ぽんぽん読めて気持ちいい



みたことないけど なんか

あのころ どのテレビでも 武田鉄也の真似して

「ぼくは死にましぇ〜ん」て言ってたのを覚えてる


このドラマが好きだった人なら ぜひ

読書が苦手な人でも 簡単に読めるはず



なんか あれだな

こうやって並べてくと まるで

「ある世代の人たち」をターゲットにしてるみたいに思えてくる(笑)


でも 野島伸司黄金時代だったこのころの本が

一円で読めるっつーのはすばらしくない?

まだ野島伸司が 超形而上的な愛の哲学を物語に持ち込む前の

純粋に物語として存在している物語たちの時代



この本を読んでから、主役がキンキキッズだったって知って

なんか 全然イメージと違っててびっくりした

だったら誰ならよかったのかって言われると

ちょっとわからんけども

ドラマを知らないで読んで あとでキャストをみると

なかなかおもしろいです

映画版高校教師を読んで

鈴木アンジュと横山めぐみのキャストは

イメージどおりで感動した


これが野島伸司の最高傑作だと思う

一番バランスがとれてるっていうか・・

内側に向かうテーマと 外に向かう物語性が

ミスチルでいうとesみたいな ちょうどいいバランス性


主人公は甲本ヒロトをイメージしてヒロトって名前にしたのかな

結成したばっかのハイロウズが 演奏しているライブシーンから

ドラマがはじまったのを覚えてる

櫻井幸子が好きだった


posted by 一円太郎 at 22:54| Comment(41) | TrackBack(12) | 1円・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

1円・ハイロウズ


今回は残念ながら永久活動休止となりました俺の青春

ザ・ハイロウズを

ハイロウズになってもう十年も活動してるってのが意外だったな

ブルーハーツと同じだけ活動してたのに

ハイロウズとして認識されるまでにずいぶん時間がかかったからね

ブルーハーツじゃないって思われるまでに

アルバム三枚くらいかかったのは大変だったろうな



↑まだマキシシングルじゃないやつです ちっちゃいシングル

表紙が紙模型になってて

コピーするとハイロウズカーが組みあがる

カップリングは ずーっとカァカァ言ってるデトロイトモーターブギ

相談天国のハイハットさばきはホントかっこいい

すごいグルーブです 二曲とも


↑これのカップリングの「そばにいるから」は

本当に名曲です

ヒロトのラブソングのなかでも かなり上位のほうだと思う

子供たちがこの曲を覚えて 歌っている絵を想像して

一人でなんかほほえましくなってたw


1.虫
2.ハートブレイカー
3.キャブレター・ブルース
4.ブラブラブラ

全部アルバム未収録。特に1〜3曲目までは本当にいい曲です

ハートブレイカーのマーシーのギターはマジかっけぇし

キャブレターブルースのノリはすげぇし

虫はメロディアスな名曲


1.スーパーソニックジェットボーイ(シングル・ヴァージョン)
2.日曜日よりの使者(同)
3.ベートーベンをぶっとばせ(ライヴ・フィーチャリング・三宅伸治)

このシングルバージョンの日曜日よりの使者では

あの手拍子がなくて

ヒロトのボーカルもひっかけるとこなかったり

アルバムとはだいぶ違う感じ アルバムのほうが好きだけど

ベートーベンをぶっとばせ、はジョンレノンのロールオーヴァーベートーベンを

ヒロトの友達の三宅さんが日本語歌詞で歌ってるやつ

なぜか 彼がいたるところで「俺はハイロウズ」とやたらと叫んでいて

これをきっかけに加入しようとしてたのか?とか思ってしまうw


これのカップリングの即死はクソ名曲!

こっちがシングルでもよかったのに とさえ思ってしまう

マーシーの真骨頂です、おすすめ

posted by 一円太郎 at 19:10| Comment(19) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

1円・宇多田ヒカル




宇多田ヒカルのアルバムが1円です!



曲目リスト
1. Automatic(Album Edit)
2. Movin’on without you
3. In My Room
4. First Love
5. 甘いワナ~Paint It,Black
6. time will tell
7. Never Let Go
8. B&C(アルバム・ヴァージョン)
9. Another Chance
10. Interlude
11. Give Me A Reason
12. Automatic(Johnny Vicious Remix)

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



曲目リスト
1.オープニング
2.デヴィル・インサイド
3.エキソドス'04
4.ザ・ワークアウト
5.イージー・ブリージー
6.ティッピー・トウ
7.ホテル・ロビー
8.アニマート
9.クロスオーヴァー・インタールード
10.クレムリン・ダスク
11.ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥー・ビー・ア・マン
12.ワンダー・バウト
13.レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ
14.アバウト・ミー




曲目リスト
1.Wait & See~リスク~
2.Can You Keep A Secret?
3.DISTANCE
4.サングラス
5.ドラマ
6.Eternally
7.Addicted To You(UP-IN-HEAVEN MIX)
8.For You
9.蹴っ飛ばせ!
10.Parody
11.タイム・リミット
12.言葉にならない気持ち
13.HAYATOCHI-REMIX


posted by 一円太郎 at 03:04| Comment(7) | TrackBack(1) | 1円・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

25円・椎名林檎






↑林檎のビデオは本当におもしろいです

これなんて 最後に本人のショートコントみたいのまでついてるし(笑)

もうビデオの時代じゃなくなったんだな〜って

こういう値段をみてると思う

このビデオはかなりおもしろい おすすめです

無罪モラトリアムの曲が中心にはいってます


↑伝説の「ベンツ爆破シーン」が入ってるビデオ

あの 罪と罰でぶったぎられたベンツを 豪快に爆破します

必見!


これなんて あの女だらけバンドをやってたときの

レア映像にレアな曲まで入ってこの値段ですよ おくさん

いやぁうちにテレビがあったら 俺が買うわ ホント



↑カップリングは アルバム未収録の「東京の女」と「Σ」

東京の〜は歌謡曲を林檎がカバー Σは林檎流ラップかな

Σのギターはナンバーガールのあの女の人らしい


曲目リスト
1. 本能
2. あおぞら
3. 輪廻ハイライト

このカップリングは2曲ともすげーいい曲。

つーか林檎のカップリングは名曲多いけど。

はじめて林檎が作った曲だというあおぞらは 本当にきれいないい曲

こういうきれいな声でりんごが最後まできれいな感じで歌う曲はあんまないけど

俺はすごく好き。名曲。

輪廻ハイライトはCMにも使われたジャズナンバー

受難バッハどーたらこうたら、とか まるで意味のない歌詞が

英語のように聴こえるところがおもしろい


1.修羅場
2.恋は幻
3.落日

カップリングは2曲ともアルバム未収録。恋は幻はカバー曲らしい

残念ながら聴いたことないです


曲目リスト
1.罪と罰
2.君ノ瞳ニ恋シテル
3.17

罪と罰はベンジーをギターにむかえた、ブランキーみたいな一曲。あんま好きくない

君ノ瞳ニ〜はあの有名なアイラァビューベイベェタンタンタンタタンタン

のカバー(伝わらなくてすいません)いい感じ

17は林檎が17のころに作った曲らしい

これを17のころに作れるってのがすげぇ

対訳ついてないけど まぁ わかる範囲の英語で

学校になじめなかった林檎の姿が見えるよう


これ、本当にいい曲なのに、すげー高くなってんのね

俺は林檎のバージョンよりこっちのが好き

まぁ ちゃんとレコーディングしてあるしね

ここでキスして も高くなってた もうないんだね

posted by 一円太郎 at 05:01| Comment(7) | TrackBack(2) | 1円・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

1円・村上龍





↑芥川賞を受賞した村上龍のデビュー作


↑俺はこの本をSM嬢をやっている友達から

「村上龍で一番好きなのはシックスティナインよ」とすすめられて読んだので

最初は内容を完全に誤解してました

村上龍っていう 作家のイメージもあったと思うけどw

実際には 村上龍が「いままで書いたなかで一番楽しい小説」て言うくらい

本当に楽しめる青春小説です

俺も60年代にうまれてバリケード封鎖とかしてみたかったなぁ

て思うようになりますw



村上龍で一番売れた小説

彼の想像力がいかんなく発揮されてます

テーマというより 想像力に圧倒される系(ドラゴン作品系統でいうと)

半島をでよ が楽しめた人ならおもしろいと思う


歌舞伎町での殺人を予言したみたいだった ってことで

話題になった小説

俺のはじめて読んだ村上龍なので 思い出深いです

殺人の描写に とにかく力がはいっている


心理学を学んでなのか なんなのか

「強くなくては生きてはいけない」みたいな感じを

村上龍がはじめて取り去ったように思えて かなり感触が違った

俺はかなり好き

村上龍の「テーマを描くために物語がある」系の話が好きな人ならぜひ

村上龍の作品で一番やさしさを感じた これ


村上龍SM三部作(?)の最初。村上龍の性的表現が好きなら ぜひ


村上龍の経済シリーズ。

絵本のほうは 経済初心者には 考え方を知るためには いいと思う

わたしはだまされないために 経済を学んだ は

タイトルほどにはよくない

つーか メルマガをまとめただけらしいから 当然といえば当然か

タイトルだと 経済初心者が手にとるような感じなのに

中身は全然そんな感じではなくて

ただ おもしろいのは

この本の村上龍のスタンス

まず 文体が敬語であることに俺はすげーおどろいた

で スタンスとしては

自分より経済にくわしい人が読んでいる可能性があるから

あくまで教えをこう みたいなカタチだけれども

しかし わたしはわたしの専門があるから

決して負けてはいないし 経済についても その人たちとは

別の視点からみているから 負けてない
っていう

いみじくも 先にあげた69で 若き日の村上龍が使ってた

「音楽に詳しいヒトには絵の話をし 絵にくわしいヒトには

思想の話をする」って方法論で書かれた文章

あんだけ本売れてたのに コインロッカーベイビーズをだすまで

借金生活で あの本が売れなければ かなりやばかったってエピソードに

ぐっと親近感を抱いたw


俺は村上龍でこれが一番好きかもしれん。

読んでてぞくぞくくる、あの視点がうつりかわる瞬間が特に

おすすめです


posted by 一円太郎 at 02:55| Comment(5) | TrackBack(4) | 1円・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

1円・村上春樹




↑短編っつーか、ショートショートってくらいの短さです。

ある日、100パーセントの女の子と出会う確率について、みたいな話が

おもしろかった


↑ノルウェイの森、の元になった短編がはいってる

ノルウェイの森が好きな人は、こちらも読んでみてはどうでしょう




↑村上春樹にしては、明るい話



↑真心のyo-kingはこれがおすすめだと言っていた

たぶん、彼と同じ、手帳を持ち歩いてなんでもメモする人がでてくるからだと思うけど


↑村上春樹の本では、世界の終わり〜の次に好きな本。おすすめです


↑表題作である神の子供たちはわりかし踊る、はおもしろいと思う


↑春樹のエッセイは読んだことがないです、おもしろいのかな




↑春樹とドラゴンの、なんなんだろ?対談かな?

ぜひ読んでみたい一冊。読んだことないけど



posted by 一円太郎 at 02:37| Comment(43) | TrackBack(13) | 1円・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

0円・バガボンド





今回は井上雄彦の名作、バガボンドです。
自分がすごいなって思うのは、バガボンドは、ストーリーってより
空気感を絵で表現できる、数少ないすごいマンガだと思う。
それがいまなら0円!早いモン勝ちです






































posted by 一円太郎 at 06:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 1円・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

0円、ブラックジャックによろしく




これは命について考えさせてくれる、本当にすごいマンガです。
ドラマでみるより、ぜってー本家本元のマンガだと思う。
まだ読んだことない人、もいっかい読んでみたい人、今なら0円!
早い者勝ちです、どーぞ



心臓外科編。


心臓外科編完結。





↑貧乏人が医者になる、ということ。そしてダウン症の子供を持った親の気持ちが描かれた巻です


↑小児科編(双子の赤ちゃんダウン症)完結。


↑本家小児科編。がん問題はじまる。


がん問題つづく

posted by 一円太郎 at 04:43| Comment(11) | TrackBack(1) | 1円・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

1円・spitz





↑放浪カモメ、すげー名曲。メモリーズもアルバムとは別バージョン


↑ちょー名曲。すぐに飛べそうな気がした背中、ってすごい歌詞ね、感動した


↑この名曲も1円ですか・・すごい


↑ここにいるのは、やさしいだけじゃなく、偉大な獣。すげぇ言葉。この歌は

歌詞がすげぇいい


↑これって、なんかアルバムはいってるっけ?アルバムいれなかったのかな?

たぶん未収録

↑これのカップリングのスギナミメロディはすげぇいい曲

こっちのほうがシングルでもよかったのに ハデなメロディだし


これ、カップリングアルバム未収録曲が2曲もはいってこの値段!


↑シングル「チェリー」より、チェリーのはいってるアルバムのほうが安いって

どういうこと?笑


↑全曲アルバム未収録


カップリングはうめぼしのライブバージョン



posted by 一円太郎 at 00:05| Comment(35) | TrackBack(4) | 1円・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

1円、キックザカンクルーKICK THE CAN CREW






↑キックのシングルは本当にサービス精神が旺盛で

アルバム持ってる人でも買って損はないようになってる

これなんて シングルのくせに50分近く音が入ってて

アンバランスに その前のシングル「サヨナラサヨナラ」

の別バージョンが入っており

さらにライブがそのあと30分以上まるまるはいってんの

ライブの曲順はほぼベスト盤みたいな感じだし

これは 本当にお買い得です

これのカップリングバージョンのサヨナラサヨナラが

俺は本当に好きで

何かに負けそうなとき よくこれを聴いてた

テンポもその前のシングルバージョンより速くなってて

あと クレバとMCUの歌詞がめちゃくちゃいい

この曲のクレバのラップが俺は一番好き

リトルは なぜか一人違うテーマについてラップしてて

すげぇ浮いてるんだけどw

とにかくおすすめです 一円なら即買え


↑この曲のカップリングのベッドって曲では

MCUがせっかく作り上げたロマンチックなムードを

「もうやめようよ このショートコント」とか言って

クレバがぶちこわすシーンが楽しめます笑

聴きどころは DJTATSUTAバージョンのキックオフ と

マルシェの音だけバージョンかな

これを聴くと クレバってすげぇんだな ってほんと思う

音だけでじゅうぶん聞ける


↑0円って笑

でもこれもすげぇいい曲

ライムスターとキックザカンクルーによるお祭りチューン

かなりのれます


↑シングルは聞いたことないから

なんともいえないっす


↑この曲もすげぇ好き

これが活動休止前最後のシングルってのは

ちょっと幸福なこと

やっぱ ハイテンポなラップが好きなのよね

バラードみてぇなヒップホップの存在意義がわからん

のれてナンボっしょ

posted by 一円太郎 at 15:10| Comment(19) | TrackBack(0) | 1円・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。